BLEACH(ブリーチ)をGOGOAnimeで観ても大丈夫?(ジャンプ原作の名作!個人的にはソウルソサエティ編が大好きです)

 この記事の執筆者:のぞみん

こんにちは。のぞみんと申します!

早速本題に入りますが、BLEACH(ブリーチ)をGOGOAnimeで観るのはやめておいたほうがいいです。

GOGOAnimeはセキュリティ的に問題のあるサイト(ウィルスやマルウェアに感染する危険性のあるサイト)です。

そのため極力閲覧しないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事に書いていますので、ぜひお読みください(↓)

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

BLEACH(ブリーチ)を安全に高画質&高音質で観る方法

ブリーチを安全に観るならU-NEXTが一番おすすめです。

全話観られますし、画質も音質も非常に良いです。動画の読み込みも一瞬のため、読み込みが遅くてイライラするといったことが一切ありません♪

そんなU-NEXTは31日間の無料期間があります。

そして、そのあいだにブリーチを全話視聴して、無料期間中に解約したら料金は1円も掛かりません。

また、U-NEXTに無料会員登録するだけでも600円分の無料ポイントが貰えます。その無料ポイントで電子書籍(漫画やラノベ)を購入することができます。そのあと無料期間中に解約しても一切問題ありません。

また、解約したあとの再契約もいつでも可能です。

もちろん解約せずに有料会員になるのもアリです。有料会員になると毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。

私も有料会員に加入しているので、毎月1200円分の電子書籍(漫画やラノベ)を無料ポイントで購入しています♪

※あとは無料ポイントでレンタル作品を視聴したり、映画館のチケット代に充てたりすることもできます!

アニメや映画を観るならU-NEXTは最強の見放題サービスです。

全ての見放題サービスの中で、最も作品数が多い見放題サービスでもあります(見放題が18万本以上、レンタルが2万本以上)。

冒頭でも紹介しましたが、より詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

アニメ『BLEACH』(ブリーチ)の物語

『BLEACH』の物語を一言で表すなら、「能力系バトル」。

原作は約16年にわたり続いた、ジャンプの人気作品のひとつです。

主人公の黒崎一護は、もともと霊感が強い体質。普段から霊が見えたり会話できたりするほどだったのですが、その霊力のせいで、ある日死神の朽木ルキアと出会ってしまいます。

ルキアは、尸魂界(ソウルソサエティ)という霊界の住人。人間界の悪霊を除霊したり、行き場をなくした霊を尸魂界に導くなど、人間界と霊界の「橋渡し」的な役割を担っています。

悪霊におそわれ瀕死になった一護を、ルキアはとっさに自分の全霊力を注ぐことで救済。ルキアは死神の力を失い、一護には死神の力がわたります。死神の能力で、ルキアの代わりに様々な敵を倒していく一護。

しかし尸魂界の死神たちは、「人間に死神の力を渡すなどルール違反だ」とルキアに死刑を命じます。やがて舞台は尸魂界へ。個性的な数々の死神たちとも死闘を繰り広げ、舞台はさらに広がりを見せていきます・・・。

アニメ『BLEACH』(ブリーチ)の見所

『BLEACH』の見所は、なんといっても全員が特殊能力の保持者だということ!

氷・炎・幻術など、それぞれ能力の特性や使える技が異なるので、「そんな能力を持っているなんて勝ち目がない!」と焦ったり、「自分だったらどんな能力が欲しいかな!?」なんて考えたり、とにかくワクワクします。

現世と尸魂界を行き来しながら繰り広げられていくストーリーは、最初から最後まで目が離せません!

またアニメオリジナルストーリーとして、死神が主人公のストーリーが描かれるのも見所のひとつ。死神は1番隊~13番隊で編成されているのですが、「10番隊奮闘記」のような、隊長が主人公のストーリーはファンには永久保存版となっております(笑)

アニメが原作に追いつくのが早すぎてしまい、アニメオリジナルストーリーはわりと多くはさまれます。熱いバトルの小休止に、一話完結のストーリーで頭を休めても良いかもしれませんね!

原作は、大きく分けて「死神代行篇」「尸魂界篇」「破面篇」「死神代行消失篇」「千年血戦篇」の5編で構成されていますが、アニメでは最後の「千年血戦編」はカットされています。

でも!! 2020年3月21日に、アニメではカットされていた「千年血戦編」がアニメ化されると公表されました。公開時期は現時点で未定ですが、きっとすばらしいラストになることを期待せずにいられません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました