ONE PIECE(ワンピース)はGOGOAnimeで観ちゃダメです!(もう本当に最高に熱くて面白い作品です……!!!)

 この記事の執筆者:のぞみん

こんにちは。のぞみんと申します!

早速本題に入りますが、ONE PIECE(ワンピース)をGOGOAnimeで観るのはやめておいたほうがいいです。

GOGOAnimeはセキュリティ的に問題のあるサイト(ウィルスやマルウェアに感染する危険性のあるサイト)です。

そのため極力閲覧しないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事に書いていますので、ぜひお読みください(↓)

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

ワンピースを安全に高画質&高音質で観る方法

ワンピースを安全に観るならU-NEXTが一番おすすめです。

画質も音質も非常に良いです。動画の読み込みも一瞬のため、読み込みが遅くてイライラするといったことが一切ありません♪

そんなU-NEXTは31日間の無料期間があります。

そして、そのあいだにワンピースを視聴して、無料期間中に解約したら料金は1円も掛かりません。

また、U-NEXTに無料会員登録するだけでも600円分の無料ポイントが貰えます。その無料ポイントで電子書籍(漫画やラノベ)を購入することができます。そのあと無料期間中に解約しても一切問題ありません。

また、解約したあとの再契約もいつでも可能です。

もちろん解約せずに有料会員になるのもアリです。有料会員になると毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。

私も有料会員に加入しているので、毎月1200円分の電子書籍(漫画やラノベ)を無料ポイントで購入しています♪

※あとは無料ポイントでレンタル作品を視聴したり、映画館のチケット代に充てたりすることもできます!

アニメや映画を観るならU-NEXTは最強の見放題サービスです。

全ての見放題サービスの中で、最も作品数が多い見放題サービスでもあります(見放題が18万本以上、レンタルが2万本以上)。

冒頭でも紹介しましたが、より詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

アニメ『ONE PIECE』の物語

富、名声、力、この世の全てを手に入れた男「海賊王ゴールドロジャー」。

彼が死に際に残した言葉によって人々はこぞって海へ飛び出し、世は大海賊時代を迎えました。

物語の舞台はゴールドロジャーの処刑十数年後。

主人公モンキー・D・ルフィは、食べるとカナヅチになる呪いと引き換えに特殊な力を手に入れるという「悪魔の実」を誤って食べてしまった全身ゴム人間です。

ルフィは海賊王になるため、ゴールドロジャーがこの海のどこかに残したという「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を探すため、たった一人で海へ出て冒険を始めます。

ゴールドロジャーが世界を一周した航路である「偉大なる航路(グランドライン)」、そして「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」の在り処へと向かう航海の途中……

それぞれの夢を抱く仲間を見つけ、時には仲間と共に行く先々で現れる敵と戦い、着実にその名を世界に轟かせいくルフィ。

次第にルフィ率いる麦わらの一味は、海賊の宿敵である海軍・世界政府にも危険視される海賊団に。

しかし、世界政府がルフィたちを過度に危険視するのには、その戦闘力だけではないある理由があったのです。

世界政府、海の猛者たち、国々の歴史と未来、そして「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」にまつわる数々の謎…。全世界を巻き込みながら、ルフィたちの冒険は続きます。

アニメ『ONE PIECE』の見所

アニメ『ONE PIECE』の見所を紹介します。

キャラクターが魅力的

主人公ルフィは細かいことは気にしない明るく楽しい性格ですが、仲間をバカにされたり、誰かが理不尽な目に合っていたら、例えそれが自分とは無関係の人の事でも激怒します。

そして誰かが助けを必要としていたら、躊躇うことなく助けると言いきり、本当に助けてしまうのです。作中の人々にとって、紛う事なきヒーローなのです。

主人公キャラにそこまで熱を入れる事のない私ですがルフィだけは特別で、アニメの中のキャラクターなのに、友であり、仲間であり、ヒーローである、そんな気持ちになってしまう存在です。

ルフィはじめ、ONE PIECEの世界のキャラクターは非常に魅力的です。

ルフィの敵味方問わず、主要キャラもそうでないキャラも、漫画でいうほんの一コマにだけ映り込むような人たちですらも、好きになってしまう設定とエピソードが巧みに描かれています。

ノーマークだったキャラが実は重要なキャラだった〜なんて事もしょっちゅう…!

原作者の尾田栄一郎先生のただならぬ漫画愛と、自身の描いたキャラクターたちへの愛情故のこだわりが、こんなにも皆から愛されるキャラクターたちを生み出したとも言えます。

泣ける、笑える、味わい深いエピソード

麦わらの一味のメンバーが仲間に加わるエピソード然り、涙なしには語れないストーリーばかり。

特に「アラバスタ編」からは様々な視点から比較的長い期間をかけて複雑に物語が進み、章の終盤には全てが繋がって一つの大きな物語が完結するというスタイルが恒例になっています。

それまでの物語を知っているからこそ泣けるし、それだけではなくいわゆる「お片づけ回」の後にやってくる平穏や宴の様子に笑い、そしてまたこいつらが好きになってしまうんですよね…。

最近の傾向としては社会問題を比喩するようなテーマが描かれていたりもして、色々と考えさせられる深い章も。

また、考察などが大盛上がりしていることで有名なONE PIECEですが、それほどに伏線が秀逸で、各話は観たらおしまいではなく、過去や未来に繋がっているんです。何度見てもまた違う面白さがある所も、長年人気を博している理由の一つとも言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました