PSYCHO-PASS(サイコパス)はGOGOAnimeで観ないほうがいいです!(そして至高のディストピアアニメです……!!)

 この記事の執筆者:のぞみん

こんにちは。のぞみんと申します!

早速本題に入りますが、PSYCHO-PASS(サイコパス)をGOGOAnimeで観るのはやめておいたほうがいいです。

GOGOAnimeはセキュリティ的に問題のあるサイト(ウィルスやマルウェアに感染する危険性のあるサイト)です。

そのため極力閲覧しないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事に書いていますので、ぜひお読みください(↓)

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

PSYCHO-PASS(サイコパス)を安全に高画質&高音質で観る方法

サイコパスを安全に観るならU-NEXTが一番おすすめです。

全話・全期観られますし、画質も音質も非常に良いです。動画の読み込みも一瞬のため、読み込みが遅くてイライラするといったことが一切ありません♪

そんなU-NEXTは31日間の無料期間があります。

そして、そのあいだにサイコパスを全話視聴して、無料期間中に解約したら料金は1円も掛かりません。

また、U-NEXTに無料会員登録するだけでも600円分の無料ポイントが貰えます。その無料ポイントで電子書籍(漫画やラノベ)を購入することができます。そのあと無料期間中に解約しても一切問題ありません。

また、解約したあとの再契約もいつでも可能です。

もちろん解約せずに有料会員になるのもアリです。有料会員になると毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。

私も有料会員に加入しているので、毎月1200円分の電子書籍(漫画やラノベ)を無料ポイントで購入しています♪

※あとは無料ポイントでレンタル作品を視聴したり、映画館のチケット代に充てたりすることもできます!

アニメや映画を観るならU-NEXTは最強の見放題サービスです。

全ての見放題サービスの中で、最も作品数が多い見放題サービスでもあります(見放題が18万本以上、レンタルが2万本以上)。

冒頭でも紹介しましたが、より詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

アニメ『PSYCHO-PASS』(サイコパス)の物語

近未来のSFや監視社会システムなど「この社会に幸福はあるのか?」というグレーな世界観(ディストピアな世界観)が好きな人におすすめのアニメです。

物語の一期は、2112年が舞台。

この日本社会では、人間の幸福をテーマにした「シビュラシステム」と呼ばれる機械に管理されています。

人間が未来に犯罪を犯す可能性を数値化できる時代になり、未来に犯罪を犯す可能性がある人間を「潜在犯」と呼び、社会から隔離します。

シビュラシステムと繋がっている「ドミネーター」と呼ばる拳銃により、「犯罪係数」と呼ばれる数値が計測されて、公安局の手により人間が裁かれます。

物語の主軸は、公安局刑事課一係のメンバーとある犯罪者との決着をつける話です。

公安局刑事課には、「監視官(いわゆるエリート刑事)」と「執行官(潜在犯)」と呼ばれる立場の人間に分けられて、それぞれが協力して事件の解決に挑みます。

主人公たちに立ち塞がる「槙島(まきしま)」と呼ばれる男の存在。それは、過去に公安局の執行官が犠牲になったある未解決事件と深い関わりが……

監視官の常守朱(つねもりあかね)と執行官の狡噛慎也(こうがみしんや)たちは、槙島を捕まえられるのでしょうか。

アニメ『PSYCHO-PASS』(サイコパス)の見所

物語一期の脚本は、アニメ好きを虜にしてきた虚淵玄(うろぶちげん)さんが書かれています。

知っている人も多いと思いますが、虚淵さんと言えば、「まどマギ」のような容赦のない鬼のようなストーリー展開が魅力で、PSYCHO-PASSの物語でも、敵や身内を問わずウツ展開が繰り広げられます。

なんと言っても最大の敵である槙島と狡噛(こうがみ)との執念の戦いぶりが熱いですね。

また、劇作家シェイクスピアなどの物語や小説からの引用文が、キャラクターたちの間でよく語られており、作品を知るきっかけにもなりました。

槙島以外にも、さまざまな潜在犯と呼ばれる犯罪者やその予備軍などが登場します。また、シビュラシステムに見捨てられた人たちの裏側についても描かれています。

そして、物語の終盤では、日本を構築して人々に安全と幸福な未来社会をもたらす、完璧なシビュラシステムにある衝撃の事実が判明します。

狂っているのは、槙島のような人物なのか? それとも、何も考えることもなく機械に従って生きる人間たちか?

物語では、常にその問いかけを槙島が投げかけています。

未来のSFという見方もできますが、地に足のついた世界観は監視社会という意味合いで、私たちの現在の世界とも深くリンクしている現実味があり、人生について考えるきっかけを与えてくれる物語かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました