けいおん!を観るならGOGOAnimeは避けましょう!(笑ってのほほんできて、最後にしんみり泣ける名作です)

 この記事の執筆者:のぞみん

こんにちは。のぞみんと申します!

早速本題に入りますが、けいおん!をGOGOAnimeで観るのはやめておいたほうがいいです。

GOGOAnimeはセキュリティ的に問題のあるサイト(ウィルスやマルウェアに感染する危険性のあるサイト)です。

そのため極力閲覧しないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事に書いていますので、ぜひお読みください(↓)

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

けいおん!を安全に高画質&高音質で観る方法

けいおん!を安全に観るならU-NEXTが一番おすすめです。

全話・全期観られますし、画質も音質も非常に良いです。動画の読み込みも一瞬のため、読み込みが遅くてイライラするといったことが一切ありません♪

そんなU-NEXTは31日間の無料期間があります。

そして、そのあいだにけいおん!を全話視聴して、無料期間中に解約したら料金は1円も掛かりません。

また、U-NEXTに無料会員登録するだけでも600円分の無料ポイントが貰えます。その無料ポイントで電子書籍(漫画やラノベ)を購入することができます。そのあと無料期間中に解約しても一切問題ありません。

また、解約したあとの再契約もいつでも可能です。

もちろん解約せずに有料会員になるのもアリです。有料会員になると毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。

私も有料会員に加入しているので、毎月1200円分の電子書籍(漫画やラノベ)を無料ポイントで購入しています♪

※あとは無料ポイントでレンタル作品を視聴したり、映画館のチケット代に充てたりすることもできます!

アニメや映画を観るならU-NEXTは最強の見放題サービスです。

全ての見放題サービスの中で、最も作品数が多い見放題サービスでもあります(見放題が18万本以上、レンタルが2万本以上)。

冒頭でも紹介しましたが、より詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

アニメ『けいおん!』の物語

主人公【平沢唯】は、小さいころからのんびり屋で、天然な女の子です。

これまで特に部活動をしてきませんでしたが、「何かしなきゃいけないような気がする…」と感じていたところ、軽音部の部員募集の張り紙を見つけます。

「軽い、音楽…」

唯が想像したのはカスタネットでしたが、「軽い音楽ならできそう!」という軽い感じで、軽音部に入部します。

明るく元気なドラムの田井中律、ツンデレで作詞担当ベースの秋山澪、お嬢様で作曲担当キーボードの琴吹紬と「放課後ティータイム」というバンドを組んで送っていく高校生活。

2年生になると新入部員の中野梓が加入して、先輩となった4人と5人になった放課後ティータイム。

新入生勧誘や合宿、文化祭等のイベント、そしてやがて迎える卒業…

5人を中心に回る「放課後ティータイム」としての高校生活を、一緒に過ごしているかのようになれる物語です。

アニメ『けいおん!』の見所

「放課後ティータイム」というバンド名からわかるよう、軽音部は部活動の時間にむぎちゃんこと琴吹紬ちゃん自前のティーセットとお茶菓子でティータイムを楽しみます。

第一に軽音部であるというテーマがありますが、そんなお茶会の様子が女子高生のゆるい日常を感じ取れて「けいおん!」の魅力を引き立てます。

唯たちが2年生になると「あずにゃん」こと中野梓ちゃんが入部します。

新歓ライブで放課後ティータイムの演奏を見て「たのしそう」と感じ入部しますが、ふたを開けてみればお茶ばかり飲んでのほほんとしている部活…

そんなゆるい部活だと知らずに入ったあずにゃんが、どんな風に放課後ティータイムと「仲間」になっていくかも見どころです。

また、主要キャラクターの放課後ティータイム5人以外にも、担任で顧問の山中さわこ先生(通称さわちゃん)や唯の親友真鍋和ちゃん、唯の妹の平沢憂ちゃん等、個性的でかわいい仲間に囲まれています。

個人的には唯達の3年時のクラスメイトのいちごちゃん、オカルト研の子なんかも個性的で好きですねー。

少しずつしか出てこないキャラも多いですが、そんな子たちの設定も細かく描かれています。

学園物で切って離せないのが「卒業」ですよね。

もちろんけいおん!!でも、卒業を迎えます。

最後の学園祭で残す思い出、卒業までの日常、そして一人残るあずにゃんへの先輩たちの気持ち…

これまでがゆるい日常だっただけに、自分もそのゆるい日常に入り込んでしまうだけに、いつかくる「おわり」を思うと…感動すること間違いなしです。

1期、2期を通してOP・EDのみならずかなり多くの挿入歌があるのも魅力です。

当時リリースされると必ずと言っていいほどランクインしていたので曲はかなり有名だと思いますが、まだアニメを見ていない方は「これは文化祭の曲だ」「これはあのイベントの時に澪ちゃんがつくったやつだ」と、アニメを見終わっても作品に浸ることができますよ。

原作はかきふらい先生の4コマ漫画です。

製作は「CLANNAD」や「涼宮ハルヒの憂鬱」を手掛けた京都アニメーション。

登場人物の表情が豊かで、背景などの細かい部分等、どこをとっても素敵なアニメを見せてくれます。

なんの取り柄もなかった唯が、放課後ティータイムという仲間との日常を通してどのように成長していくかが細かく描かれています。

ですがそれ以上に、放課後ティータイムという5人の絆を、のんびりとした日常を通して感じ取ることのできる作品です。

まだ見たことがない方は、ぜひこの機会に見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました