盾の勇者の成り上がりをGOGOAnimeで観るのはおすすめしません!(ダークファンタジーなストーリー展開が魅力の作品です♪)

 この記事の執筆者:のぞみん

こんにちは。のぞみんと申します!

早速本題に入りますが、盾の勇者の成り上がりをGOGOAnimeで観るのはおすすめしません。

GOGOAnimeはセキュリティ的に問題のあるサイト(ウィルスやマルウェアに感染する危険性のあるサイト)です。

そのため極力閲覧しないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事に書いていますので、ぜひお読みください(↓)

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

盾の勇者の成り上がりを安全に高画質&高音質で観る方法

盾の勇者の成り上がりを安全に観るならU-NEXTが一番おすすめです。

全話観られますし、画質も音質も非常に良いです。動画の読み込みも一瞬のため、読み込みが遅くてイライラするといったことが一切ありません♪

そんなU-NEXTは31日間の無料期間があります。

そして、そのあいだに盾の勇者の成り上がりを全話視聴して、無料期間中に解約したら料金は1円も掛かりません。

また、U-NEXTに無料会員登録するだけでも600円分の無料ポイントが貰えます。その無料ポイントで電子書籍(漫画やラノベ)を購入することができます。そのあと無料期間中に解約しても一切問題ありません。

また、解約したあとの再契約もいつでも可能です。

もちろん解約せずに有料会員になるのもアリです。有料会員になると毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。

私も有料会員に加入しているので、毎月1200円分の電子書籍(漫画やラノベ)を無料ポイントで購入しています♪

※あとは無料ポイントでレンタル作品を視聴したり、映画館のチケット代に充てたりすることもできます!

アニメや映画を観るならU-NEXTは最強の見放題サービスです。

全ての見放題サービスの中で、最も作品数が多い見放題サービスでもあります(見放題が18万本以上、レンタルが2万本以上)。

冒頭でも紹介しましたが、より詳しくは以下の記事を参考にしてみてください!

【関連記事】

GOGOAnime(ゴーゴーアニメ)はウィルス感染の恐れあり!代わりのサービスも紹介。

アニメ『盾の勇者の成り上がり』の物語

物語は、オタク気質の大学生・岩谷尚文が、異世界にある国家・メルロマルクに「盾の勇者」として召喚されたことから始まります。

メルロマルクは、次元の亀裂から魔物が湧きだす“波”という現象に悩まされ、その現象から人々を守るために、異世界から“勇者”を召喚していたのです。

そんな状況で召喚されたのは、剣の勇者天木錬、弓の勇者川澄樹、槍の勇者北村元康と、尚文の四人。

四人はそれぞれの武器を鍛えるために、供を連れて旅をすることになるのですが、攻撃ができない“盾”は人気がなく、供になってくれたのは女従者のマインだけ。

しかもそのマインは、旅の道中で尚文を裏切って全財産を盗んだあげく、彼に婦女暴行の冤罪をかけて、名声と信用すら失わせて去っていくのです。

これによってどん底に落ち、異世界の人々に絶望した尚文は、攻撃役として奴隷の少女・ラフタリアを買い取り、2人で旅を始めることに。

当初は「主人と奴隷」という関係だった彼らですが、旅を続けていくうちに、二人の間には信頼が生まれます。

そして、他の勇者とは違い、困っている民を見捨てずに助けていく尚文は、いつしか他の勇者よりも民から慕われる存在になっていくのです。

これは、そんな「盾の勇者」が、悪評のどん底から成りあがっていく物語。

人間の汚い欲望に負けず自分の道を貫く、気高い冒険の物語なのです。

アニメ『盾の勇者の成り上がり』の見所

ライトノベル的なキャラクターデザインや、ライトノベル的な「異世界転生」要素など、最初の時点で「あ、また似たような量産型作品か……」と、離れていってしまう方も多いかもしれません。

しかし本作は、他のライトノベル系作品とはかなり異なる、凄まじくシリアスでダークな作風が特徴の作品です。

主人公である尚文に与えられた裏切りも、「死の呪い」だとか「殺されかける」だとか直接的なものではなく「全財産の持ち逃げ」と「婦女暴行容疑の冤罪」という、やたらリアルで、それゆえ分かりやすい「地獄」のような責め苦。

そんなリアルな背景設定があるために、尚文の行動には理屈が伴いやすく、劇中キャラの心理描写も非常にわかりやすいものになっているのが、本作の大きな特徴です。

ライトノベル的な派手な戦闘描写や可愛らしいキャラクターという王道を抑えつつ、“ライト”ではない、重厚で嫌になるほどリアルな人間描写を描く。

それこそが、『盾の勇者の成り上がり』という作品の、一番の見所だといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました